FireworksマニアTOP > Fireworksベーシック,Fireworks資料 > 厳選!覚えておきたいFireworks便利ショートカットキーまとめ

厳選!覚えておきたいFireworks便利ショートカットキーまとめ

カテゴリー: Fireworksベーシック,Fireworks資料

こんにちは☆
今日は、Fireworks Lover Advent Calendar 2012 12日目として記事を書かせていただいています♪

Fireworks好きならコレは書かないわけにはいかないでしょう!ということで参加表明させていただきました。

みなさんいろんなテーマでFireworksについてかかれているのですが、私はこんな感じで書いてみようと思います。

 ↓ ↓ ↓

厳選!覚えておきたいFireworks便利ショートカットキー紹介します!

今回はFireworksでさらにスピードアップ!効率アップ!するために欠かせないショートカットキーをご紹介する、というコンセプトで一記事書いてみたいと思います☆

…そうはいっても、他に覚えることいろいろあるし、そんなにたくさんショートカットキーって覚えられないですよね…
(私もあんまり覚えられなくて…必要最低限しか覚えてないです)

なので!最初から知っておくと便利な、本当によく使う機能のショートカットだけ厳選しました!!

この中からさらに自分の必要なものだけに絞って覚えればきっと大丈夫☆

最後には私が選ぶショートカットキーBest5も紹介してます。
それだけでもぜひチェックして使ってみてくださいね♪

 

目次

  1. 大体どのアプリケーションでも一緒の定番ショートカットキー
  2. Fireworks独特のオブジェクトの複製ショートカットキー
  3. オブジェクト操作のショートカットキー
  4. 画面の拡大縮小のショートカットキー
  5. ガイドラインのショートカットキー
  6. ブラウザでプレビューのショートカットキー
  7. シンボルに変換のショートカットキー
  8. スライスを挿入のショートカットキー
  9. いろいろなペーストのショートカットキー
  10. ツールの切り替えのショートカットキー
  11. 割り当てられているショートカットキーを確認する/変更する方法
  12. 私のおすすめキーボードショートカットBest5
新規作成 【Command(Control)】+【N】
開く 【Command(Control)】+【O】
閉じる 【Command(Control)】+【W】
保存 【Command(Control)】+【S】
別名で保存 【Shift】+【Command(Control)】+【S】
取り消し 【Command(Control)】+【Z】
やり直し 【Command(Control)】+【Y】
検索と置換 【Command(Control)】+【F】
カット 【Command(Control)】+【X】
コピー 【Command(Control)】+【C】
ペースト 【Command(Control)】+【V】

このあたりのショートカットは他のアプリケーションと大体同じなのでもう覚えている方がほとんどかと思いますが念のため。

この中で特筆しておきたいのはペーストです。
Fireworksでオブジェクトをコピー&ペーストすると、元々あったオブジェクトの上にそのままコピーされます。

Illustratorのように【Command(Control)】+【V】で画面の中央にペースト、という動作はしません

ちなみにIllustratorで同じ位置にペーストするときのショートカット【Shift】+【Command(Control)】+【V】には違う動作(内部にペースト:後述します)が割り当てられていますので要注意。

あとは特に
保存 【Command(Control)】+【S】

とは仲良くしておきたいですね…!(いつ何があってもいいように…!!)

クローン 【Shift】+【Command(Control)】+【D】
複製 【Command(Control)】+【D】

どちらも選択したオブジェクトがコピーされるショートカットキーです。
以下のような違いがあります。

shortcut-05

クローン:同じ位置にオブジェクトを重ねてコピー
複製:右下に10ピクセルずつずらした位置にコピー

クローンの方が、【Command(Control)】+【C】(オブジェクトをコピー)→【Command(Control)】+【V】(オブジェクトをペースト)と同じ動作をします。

ワンステップですむのでこちらの方が早いですね☆
複製のショートカットに+【shift】キーと覚えやすいので一緒に覚えてしまいましょう!

重なった位置から調整するのが都合がいい(クローン)か、
重なっているとわかりにくいから別の場所にコピーされていた方がいい(複製)かで使い分けると便利です。

位置移動

上に1ピクセル移動 【↑】
下に1ピクセル移動 【↓】
右に1ピクセル移動 【→】
左に1ピクセル移動 【←】
上に10ピクセル移動 【Shift】+【↑】
下に10ピクセル移動 【Shift】+【↓】
右に10ピクセル移動 【Shift】+【→】
左に10ピクセル移動 【Shift】+【←】

キーボードで1ピクセルor10ピクセルずつオブジェクトを移動させることができます。
地味に便利!!!!

重なり順変更

最前面へ 【Shift】+【Command(Control)】+【↑】
前面へ 【Command(Control)】+【↑】
背面へ 【Command(Control)】+【↓】
最背面へ 【Shift】+【Command(Control)】+【↓】

オブジェクトの重ね順を変更するショートカットキーです。

これもIllustratorとは違うので併用している人は注意。
どちらかに統一して設定を変えてしまってもいいと思います。(設定の変更方法は後述)

オブジェクトの変形

数値を入力して変形 【Shift】+【Command(Control)】+【T】
自由変形 【Command(Control)】+【T】

オブジェクトの回転

時計回りに 90°回転 【Shift】+【Command(Control)】+【9】
反時計回りに 90°回転 【Shift】+【Command(Control)】+【7】

オブジェクトの変形、回転のショートカットです。
これもよく使います。

オブジェクトの整列

左揃え 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【1】
縦方向中央揃え 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【2】
右揃え 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【3】
上揃え 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【4】
横方向中央揃え 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【5】
下揃え 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【6】
水平方向中央に分布 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【7】
垂直方向中央に分布 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【9】

オブジェクトの整列のショートカットキーです。

ボタンとボタンの上に載せたテキストの位置揃えなどのときによく使います。
ショートカットキーも簡単なので覚えておくと便利です。

オブジェクトのロック

選択範囲をロック 【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【L】

選択したオブジェクトをロックします。
(レイヤーパネルで選択オブジェクトに鍵がつきます)

背景など、動かしたくないオブジェクトはこのショートカットでロックしておきましょう。

ズームイン 【Command(Control)】+【+】
ズームアウト 【Command(Control)】+【-】
拡大率:50%で表示 【Command(Control)】+【5】
拡大率:100%で表示 【Command(Control)】+【1】
拡大率:200%で表示 【Command(Control)】+【2】
拡大率:300%で表示 【Command(Control)】+【3】
拡大率:400%で表示 【Command(Control)】+【4】
拡大率:800% で表示 【Command(Control)】+【8】
拡大率:1600% で表示 【Command(Control)】+【6】

画面を指定の倍率で拡大縮小できます。

引いてみたいとき、【Command(Control)】+【5】で50%に縮小表示、
細かい作業をする時、【Command(Control)】+【+】で拡大したり、【Command(Control)】+2】で200%、【Command(Control)】+3】で300%…というように拡大表示
元に戻す時、【Command(Control)】+1】で100%表示にする

というのをキーボードでさっさと行えます。

800%や1600%はあまり使うことはないかもしれませんが、標準で割り当てられているのでご紹介。

ガイドを表示/非表示 【Command(Control)】+【;】

デザインを作っていてガイドラインが邪魔で作っているものが見えにくい時ってありますよね。
そんなときにパッとガイドラインの表示/非表示を変更できて便利です。

ブラウザーでプレビュー 【Option(Alt)】+F12】

作ったものをブラウザで表示してファーストビューの部分等を確認しておきたいときに。

シンボルに変換 【F8】(Fn+F8)

Fireworksに画像を読み込むなら、これ以上大きくしないだろうなという大きさに調整してシンボル化してから微調整!これ鉄板です!
(理由はこちらのエントリーをどうぞ)

右クリックしてシンボル化押して、名前を入れて…って面倒なのでキーボードショートカットでぱぱっとやっちゃいましょう!
キーボードに手をかけていればそのまま名前を入れられるのでスピーディーですね☆

長方形スライスを挿入 【Shift】+【Option(Alt)】+【U】

これもよく使います!スライスを入れたいオブジェクトを選択して【Shift】+【Option(Alt)】+【U】で影まで含めてもれなくぴったりサイズのスライスを挿入してくれます。

内部にペースト 【Shift】+【Command(Control)】+【V】
属性をペースト 【Shift】+【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【V】

内部にペーストについて

内部にペーストは、まず内部に貼付けたいオブジェクトを貼付けたい位置で【Command(Control)】+【X】で切り取ります。

shortcut-06

貼付けたいオブジェクトを選択した状態でショートカットを実行すると、先ほど切り取ったオブジェクトが内側にペーストされます。

shortcut-07

要はマスクされた状態になります。

shortcut-08

あとはレイヤーパネルでアウトラインの方を選択し、プロパティパネルからマスクの掛け方をいろいろ変更すればOKです。

属性をペーストについて

属性をペースト機能は、コピー元のオブジェクトについている塗りや線の情報、フィルタ情報等をそっくりそのままコピーすることができる機能です。ちょっとコピーしたいとき、スタイル登録するまでもないとき便利に使えます。

スタイル機能同様、異なるオブジェクトに同じ効果を与えることができます。

shortcut-09

まず、属性をコピーしたいコピー元のオブジェクトを選択し、コピー(【Command(Control)】+【C】)します。

shortcut-10

次に属性を貼付けたいオブジェクトを選択して、属性をペースト(【Shift】+【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【V】)を実行します。

shortcut-11

属性がそのままコピーされます。

これもいろいろあるのですが、よく使うものだけ覚えておきましょう☆
ほかのツールもキーを割り当ててありますので覚える余裕があるひとはそちらもぜひチェックしてみてください!

選択ツール 【V】もしくは【0】
ダイレクト選択ツール 【A】もしくは【1】
自動シェイプ切り替え 【U】
ペンツール 【P】
テキストツール 【T】
スライスツール 【K】

連打するとそのツール内のメニューが切り替わります。Uを押し続けると長方形ツール→楕円ツール→多角形ツール…のように変わっていきます。

最後に割り当てられているショートカットキーを確認する/変更する方法です。

割り当てられているショートカットキーを確認する

shortcut-01

【メニュー】から【Fireworks】→【ショートカットキー】を選択します。

shortcut-04

割り当てられているショートカットキーが確認できます。

割り当てられているショートカットキーをHTML形式で書き出す

割りあてられているショートカットキーをHTML形式で一覧として出力することができます。

shortcut-02

【ショートカットキー】画面の図のアイコンをクリックして書き出します。

shortcut-03

ショートカット一覧がHTML形式で書き出されます。

割り当てられているショートカットキーを変更する

shortcut-04

 

一覧から変更したいショートカットを選択し、新しいキーを設定します。

 

よく使うものだけでも覚えておくと、作業効率が格段に上がります!!!

ちなみに私が選ぶ、これだけはメニューから選ぶよりショートカットを覚えた方が断然作業が早くなる!
おすすめべスト5はこちら

シンボルに変換 【F8】(Fn+F8)
長方形スライスの挿入 【Shift】+【Option(Alt)】+【U】
オブジェクトのクローン
オブジェクトの複製
【Shift】+【Command(Control)】+【D】
【Command(Control)】+【D】
属性のペースト 【Shift】+【Option(Alt)】+【Command(Control)】+【V】
ガイドを表示/非表示 【Command(Control)】+【;】

以上、YUKIがお送りしました!

それでは、明日もFireworks Lover Advent Calendar 2012 でお楽しみください♪

では☆

おしらせ

Fireworksの連載をやっています♪

Adobe Developer ConnectionでもFireworksの連載をやっています♪

よかったらこちらもぜひどうぞ☆

Fireworksの本発売中です☆

いろんなTipsを詰め込みました☆ぜひ見てみてください♪

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。お気に召しましたらぜひ共有orクリップして頂けますと幸いです。またお会いできますように♪

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! コメントを見る Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

関連エントリー

このサイトを運営している人

YUKIと申します。福岡で働く会社員WEBデザイナーです。
フロッグマンオフィス所属。ショッピングカートのCS-Cartとかもやってます。

仕事以外でも趣味でいろいろサイトを作っています。
こういったTipsサイトや無料の素材屋さんにたくさんたくさんお世話になりながら勉強して、今ではWebデザインをお仕事としてやらせてもらえるようにまでなりました。

私もいつか誰かの役に立つサイトを作りたい!とずっと思っていたので、あいた時間を見つけてはこうしたサイトを作っています。
すこしでもお役に立てればとてもうれしいです^^

まわりの人にもご紹介いただけるとうれしいです。

たくさんの方に見ていただき、たくさんのご意見を頂くことは、記事の正確さや有益性を高めるだけでなく、新しい記事を書くモチベーションになります!
お気に召しましたらぜひまわりの方にもご紹介いただけるとうれしいです。リンクはご自由にどうぞ!

Fireworksマニア

バナーが必要な方はこちらをどうぞ♪
サイト名:Fireworksマニア URL:http://fw.v-colors.com/