FireworksマニアTOP > Fireworksデザインレシピ > Fireworksで簡単にかわいいマスキングテープを作ろう!

Fireworksで簡単にかわいいマスキングテープを作ろう!

カテゴリー: Fireworksデザインレシピ

Fireworksでマスキングテープやセロハンテープ風のデザインの作り方サンプル

先日ご紹介したFireworksですぐに作れる!かわいいコラージュ風パーツの作り方の最後で簡単にふれたマスキングテープの作り方ですが、もっと詳しく知りたいとのリクエストを頂きましたので、今回はかわいいマスキングテープ風デザインの作り方をご紹介したいと思います。

今回もとっても簡単に作れますので
ぜひやってみてくださいね!

CS4で作成していますが、
昔からからやっていたやりかたなので、ツールの名称などが異なるかもしれませんが
過去のバージョン(8とか)でも大丈夫だと思います!

所要時間:約5分

長方形ツールでテープの原型を描きます。

描いたら、右クリックしてメニューから【グループを解除】を実行しておいてください。

次に、ふちをギザギザにしていきます。
ベクトルペンツールでジグザグを描いていきます。

こんな感じで、長方形の端をかこむようにジグザグをかきます。

かけたら、このジグザグのパーツと長方形のパーツをドラッグしてどちらも選択状態にしておきます。
メニューの【変更】から【パスを結合】→【型抜き】をクリックします。

端がジグザグになりました!

反対側も同様に処理します。

テープカッターで切ったようなジグザグな端ができました。これで、テープの土台が出来上がりました。

次に、質感を与えていきます。
ついているかいないか微妙なぐらいのシャドーをかけます。

\

今回はこのように設定しました。

テープの色、柄などをお好みで変更していきます。

色を変えたり、
プロパティの【テクスチャ】から好みのテクスチャを選んで適用したり

透明度を下げれば、セロハンテープ風にもなります。

☆チェックやドットのテクスチャについて☆

今回テクスチャで適用した素材は、Fireworksに標準で入っているものではありませんが、
すべてシンプルパターン研究所で配布しています。
こちらのサイトの「パターン」となっている方の白黒の画像の中からお好みの素材をダウンロードして使ってみてくださいね♪
商用でも無料でご利用いただけます。
すべて私が作った素材なので気兼ねなくどうぞ!^^

テクスチャ素材の使い方がよくわからない…というかたはFireworksのテクスチャ素材の使い方をどうぞ!

今回の作り方のポイントは、
ついているかいないか微妙なぐらいのドロップシャドーです。
影の幅よりもぼかしの値を大きくすることにより、右や上にもほんのり影が入ります。

これによってテープの厚み、立体感がでて、よりテープらしく見えるのではないかな、と思います♪

いろいろ試してみてくださいね!

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。お気に召しましたらぜひ共有orクリップして頂けますと幸いです。またお会いできますように♪

Check このエントリーをはてなブックマークに追加 この記事をクリップ! コメントを見る Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

関連エントリー

このサイトを運営している人

YUKIと申します。福岡で働く会社員WEBデザイナーです。
フロッグマンオフィス所属。ショッピングカートのCS-Cartとかもやってます。

仕事以外でも趣味でいろいろサイトを作っています。
こういったTipsサイトや無料の素材屋さんにたくさんたくさんお世話になりながら勉強して、今ではWebデザインをお仕事としてやらせてもらえるようにまでなりました。

私もいつか誰かの役に立つサイトを作りたい!とずっと思っていたので、あいた時間を見つけてはこうしたサイトを作っています。
すこしでもお役に立てればとてもうれしいです^^

まわりの人にもご紹介いただけるとうれしいです。

たくさんの方に見ていただき、たくさんのご意見を頂くことは、記事の正確さや有益性を高めるだけでなく、新しい記事を書くモチベーションになります!
お気に召しましたらぜひまわりの方にもご紹介いただけるとうれしいです。リンクはご自由にどうぞ!

Fireworksマニア

バナーが必要な方はこちらをどうぞ♪
サイト名:Fireworksマニア URL:http://fw.v-colors.com/